鐘会 part3 小物臭全開!鄧艾を出し抜け!

百度:鍾会より

どうも!
諸葛菜です!

南鄭関を破ったところで終了しました。

 

part3は諸葛亮が霊験をあらわし、蜀の民を守ったというエピソードから始まりますが、前回諸葛亮の記事で書きましたので割愛。諸葛亮の霊波をキャッチした鍾会もまたニュータイプ。ただの電波野郎ではありません。

諸葛亮孔明 死してなお、蜀の民を守る英雄

百度:鍾会より

 

 

諸葛緒を確保、鄧艾に喧嘩をふっかける

鍾会は剣閣の25里手前まで迫ります。そこへ、諸葛緒が謝罪に出頭。姜維に陣を奪われたことを謝りますが、

「わしは貴様に、陰平の橋の渡り口を固めて、姜維の退路を断つよう命じておいたはずだ!なぜ取られたのか!しかも今度は、許しも得ずに兵を進め、また負けてきおったのか!?」

諸葛緒 鄧艾の部下 俺の愛車は囚人車(涙) 死亡年ははっきりしてるぜ!

ムムム・・・許儀の時と同じか!?
鍾会が怒って首を刎ねるよう命じますが、監軍の衛カンに止められます。諸葛緒はあんたの部下じゃなくて、鄧艾将軍の部下。ここで諸葛緒を殺したりしたら、味方同士の不和の元になる。だから、やめるよう進言します。

が、

「わしは天子の詔を奉じ、晋公のご命令を受けて蜀を討ちに参ったのじゃ!たとい鄧艾であろうと、罪を犯せば斬り棄てるまでだ!」

と、諸葛緒のボスの鄧艾まで殺しちまいそうな勢いです。

諸将がこもごもにとりなしたので、処刑はしませんでしたが、諸葛緒を亀甲縛りに縛り上げ、囚人車にぶち込み、洛陽までカンガルー便の着払いで送還と、変なところでワイルド。

ひでえ・・・。

それにしても、鍾会さんも人の使い方が下手なのか、選んだ武将の能力が低いのか、適材適所に人を配置するのがいまいちやね・・・。(^^ゞ

 

姜維を降参させる

この鍾会の勝手な振る舞いに怒ったのは、当然諸葛緒の上司鄧艾。お供15,6騎を連れて、鍾会の陣営に様子見にいきます。ビビリの鍾会は、左右の者に、

「と、とと、鄧艾の共はど、どれほどおるのじゃ!?(・Θ・;)」

「わずか15、6騎でござります(汗)」

すぐさま屈強の者数百人を陣の内外に並ばせる。
小せえ・・・小せえよ、鍾会!夏侯咸らに言われたことがまだ解ってねえようだなっ!

鄧艾は山を越えて蜀の首都へ攻め入ることを鍾会につげました。鍾会は喜んだ振りをして、

「それは至極の妙計!これよりただちに打ち立っていただきたいものでござる。それかし、ここで勝報をお待ちいたしましょうぞ」

さらに、鄧艾は知恵者だというが、ただの馬鹿者であると切り捨てました。

いわく、

「陰平よりの間道は、そそり立つ山ばかりじゃ。もしかしこの難所に百人余りの蜀勢がおって、退路を断たれたらどうするつもりか。鄧艾の手勢は一人残らず餓死するばかりではないか。わしはあくまで正面より進む。蜀をやぶれぬはずはない」

鍾会は雲悌や石火矢を使い、剣閣を息もつかせず攻めたてた。すったもんだで、鄧艾が蜀の首都成都を陥落。劉禅を降服させました。剣閣を守る姜維も降参。鍾会は姜維の降参をことのほか喜び、

「伯約!なぜ今頃までぐずぐずしておったのか!?」

馴れ馴れしいわ!∑(゚Д゚)

さて、鍾会は姜維とどう共闘するか!?

17 Comments

  1. 1. 無題
    >鄧艾は知恵者だというが、ただの馬鹿者であると切り捨てました

    まぁ、実際問題、江油で頑張られたりとか、諸葛さんのご子息が黄崇の意見を聞いていれば鄧艾さんは敵中に孤立して全滅・・と言うシナリオはあったわけですが・・・。

    >それにしても、鐘会さんも人の使い方が下手なのか

    参謀とかならともかく実戦指揮は初めてのような気が・・・基本能力値はともかく経験値的に言えば曹爽さんと同レベル・・・は流石にいいすぎか?

    >鐘会は雲悌や石火矢を使い、剣閣を息もつかせず攻めたてた。

    横山版の影響かやっぱり連弩のお陰で守りきっている姜維・・・と言う印象が。
    ただ、

    >剣閣を守る姜維も降参。

    この際に剣を叩き折ったシーンははじめて見た時は泣けたました。
    http://ameblo.jp/rekishi-yawa/

  2. 2. この、鐘会のドアホがっ。
    前漢の武帝の頃に活躍した、藿去病みたいな「おぼっちゃん」ですね。

    まだ、鄧艾の方が、苦労人だし、、どもりだったのが、クレームに残っているけど(どもりとは、吃音症のこと)。

    食糧基地を作るのが彼の本領発揮だったのだよ。

    ねぇ、諸葛菜さん、並びにムスカさん。

    こんな「わがまま者」、自分だったら、意地でも逆らうわ。

    夏候威の気持ちがわかるよ。

    鐘会よ、おまえさんは「阿呆じゃ」。
    http://ameblo.jp/monster-attack-team/

  3. 3. Re:無題
    >ムスカさん
    現場からのクレームなし。特になし。
    そういえば、実践指揮は初めてでしたよね。
    経験値はほとんどなさそう。。。汗
    連弩って凄い兵器ですよね・・・当時としては、機関銃並みの恐怖です。
    姜維が降伏したとき、剣を叩き折ったシーンは私も泣きました。
    http://ameblo.jp/sanguoyanyi/

  4. 4. Re:この、鐘会のドアホがっ。
    >とうそんの見解Ⅰさん
    (汗)。
    まあ、鐘会は嫌なところもありますが、愛すべき人物ですね。
    物語を盛り上げてくれた人物ですし、その他武将と同様、大好きなキャラの一人ですw。
    http://ameblo.jp/sanguoyanyi/

  5. 5. 面白い人物
    鐘会も能力だけはいいくせに、性格小物だったり
    頭いいくせに、使い方間違っててバカにみえた(というかバカだった)り…、
    本当に面白い人物ですよね!

    しかし鐘会の馴れ馴れしさやべぇ…。
    多分自分より下の人物に同じ事されたら
    「馴れ馴れしいわっ!」って怒鳴るだろうに…。
    http://ameblo.jp/musohasaikoudesuyounn/

  6. 6. Re:面白い人物
    >茶釜さん
    そうですw。
    鐘会は、頭いいですけど、どこかが抜けている気がするんですよね。
    諸葛亮の墓を詣でたり、その辺の機微はあるななあとは思ったのですが・・・ムムム。

    なれなれしさ全開でした。
    この将軍様は、意外とツンデレなのかもしれませぬなあ・・・。
    http://ameblo.jp/sanguoyanyi/

  7. 7. 無題
    ふっ…今回の記事を読んで数年前の事を思い出しました…(笑)

    キャリア15年(当時)の私(副料理長兼店長代理)

    上司2人、キャリア2年の副店長と4年の店長…

    しばらく様子見てたら接客の苦情が増えたので、挨拶から叩き直したなぁ…(笑)

    おい!小僧ども大卒学歴振りかざして、その程度の仕事ならイチから…

    開店からオールで『いらっしゃいませ・ありがとうございました』だけひたすら言い続ける…男塾ばりのシゴキをしました(笑)

    鐘会と霍去病を比べたら

    霍去病が可哀想だなぁ…
    だって彼は24歳で病死するけど官名は『大司馬大将軍』様だから(笑)

    鐘会がミジンコに見える(笑)
    http://ameblo.jp/mondo-009/

  8. 8. 無題

    残念すぎる武将、鍾会さんにに乾杯!!ww

     結局器の小さいのが知れるような行動をして、恥じないのだから、こんなことに。
     頭が良くても、信用の全くない鍾会将軍。
     上司のトウガイさんはさぞ教育指導が大変だったと思います。
    http://ameblo.jp/meganezonnbi/

  9. 9. 藿去病
    この青年、貴族でしたし、武帝にも大変寵愛されていたから、可哀想と言う方にはごめんなさい。

    彼は、大将軍かも知れなかったけど、兵士に対して面倒見の薄い奴だったと、書かれています。

    実際は、どんな人物化は、今持って解りませんが…。
    http://ameblo.jp/monster-attack-team/

  10. 10. 無題
    諸葛諸の強制送還は鄧艾派の武将に罪をなんとかなすりつけて主導権が自分にあることを誇示したかったんじゃないかと思ってたんですけど、その後の対応が小物なんですよねえ。

    まあ後々の鄧艾への対応を見るとよい前座を挟ませたといえるかもしれません。
    http://ameblo.jp/adumatatumi/

  11. 11. Re:無題
    >もんどちゃんさん
    そのしごき・・・漢ですっ!w

    大卒学歴振りかざしている人物に対して、まさに鉄槌の如き所業!

    さすが、もんど殿です。

    鐘会ミジンコw吹いちゃいました(笑)。
    http://ameblo.jp/sanguoyanyi/

  12. 12. Re:無題
    >JILL@steelさん
    残念!

    と一昔前ならギター侍に、一刀の下に袈裟斬りにあっていた鐘会。

    司馬師にくっついていた頃や、出陣前はキュン切れだったのですが、自分が軍を率い始めたら地が出たようです・・・。
    http://ameblo.jp/sanguoyanyi/

  13. 13. Re:無題
    >東辰巳さん
    そうですよね。諸葛緒をしばいて、示威行為にでてました・・・やはり小物臭を放ってしまって残念でした。

    前座w。たしかに・・・。
    http://ameblo.jp/sanguoyanyi/

  14. 14. かわいそうになってきたので弁護はしてみる

    まず鐘会さんは基本的に事務屋さんであって現場経験がほとんどない。で、そういうのがいきなり現場にほうりやられたのですから当人は勝手の違う職場で頭を抱えたでしょう。まぁ、それ以上に部下の方も(かなり衰えたとはいえ)難敵を前にしてこの上司・・・と頭を抱えたでしょう。

    さらに言えば蜀遠征軍のトップは演義でも正史でも偉そうに好き勝手やっている皆の小物・鐘会君・・・・・・では実はなく司馬昭だったりします。しかし彼は現場にすら入っていない有様。なので当然現場担当が指揮を取ることになりますが・・・

    さらにめんどくさいことに蜀との戦いとの経験はもちろんのこと、軍人としての地位的には鄧艾の方が鐘会より上。

    だったら先任で上役に当たる鄧艾が指揮をすればいい・・・となるのですが率いる兵力は蜀遠征に投入された兵力15万ほどのうち鐘会が10万を率いて残りを鄧艾”ら”が率いている状況。

    さらに実のところ遠征にノリノリの司馬昭・鐘会ら中央組に対して鄧艾ら蜀と戦って連中はこの遠征に反対もしくは消極的でその態度。それを察した中央組は見せしめといわんばかりに鄧艾の長年の相方である司馬望が飛ばされております(そう考えれば現場組よりも鐘会の方が兵が多いのは蜀軍相手・・・と言うよりも現場組への押さえ込みのため・・とも取れますが)。

    ので、これらの事情に鑑みて鐘会・鄧艾ともに互いを押しのけて率先して指導できる立場にはない(そもそも出来る奴が現場にいない)以上協力して・・・といってもこの二人ベクトルの違いはあれどお互いに引かぬ、媚びぬ、省みぬな性格なため、協調性のかけらもない・・・

    ということでお互いに指導権握ろうと割と醜い争いとかスタンドプレーが続くわけで・・・まぁ、それがいい方向性に(たまたま)向いたからこそ互いに競いあうように進行して短期の勝利にしたわけですけど・・・けどこの状況下で鐘会はよく“その次”を目指す気になったものです。

    というかこんな仕事場にいたくねぇ~。
    http://ameblo.jp/rekishi-yawa/

  15. 15. Re:かわいそうになってきたので弁護はしてみる
    >ムスカさん
    詳細かつ親切な解説、ありがとうございました!
    鄧艾のモチベーションと鐘会のモチベーションは明らかに違いましたね。

    鄧艾は忠臣なので、命令とあらばやる。司馬昭が師纂に命じて鄧艾に蜀を討つようあおらせたり。

    現場への抑え込み。
    これもなるほどと思いました。司馬望が飛ばされていたんですか・・・。
    成り行きとはいえ、鐘会も蜀を打った後の次を目指していたので、殺されてしまった鄧艾は気の毒。

    ムスカさんと同様、夏侯咸たちの立場であったらこんな職場に居たくありませんw。
    http://ameblo.jp/sanguoyanyi/

  16. 17. Re:無題
    >ワッキーさん
    洛陽では、基本的に夏はそのギザギザスタイルでしょうw。短くしてしまえば、着物を洗っても、脱水しないでそのままワイルドに干しても乾きやすいですからなあ・・・。
    http://ameblo.jp/sanguoyanyi/

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください